【寝取られ体験談】ネットで募集した男性に妻を貸出したら、アナル処女まで奪われた その3

その2

 美紀さんは結婚のときも無論処女ではなかったそうで、、、
 もう一つの処女はTが奪ってしまったので、、、
 美紀さんの旦那様は、自分の妻の処女をひとっつも知らない、ということになりますね、、
 可愛そうに、、、」

私は優美が結婚前の初めての交接のとき、出血しなかった事を思い出していました、、
「スポーツいろいろしてたから、、」と、可愛く誤魔化していたっけ、、、

「美紀さんは初めから後ろの快感にヨガリ狂ったみたいですよ、、
 すっかり病みつきになったみたいで、、、
 あれからもしょっちゅう美紀さんのほうから誘いがあるそうですよ、、、、
 何しろ同じ会社ですからね、、
 Tも調子に乗って、縛り上げたり鞭でしばいてSMも仕込んでるみたいです、、、」

何度か遭った事がある妻の同僚の美紀ちゃんの可愛い笑顔を思い浮かべました。
人妻であるあの可愛い美紀ちゃんが、
鬼畜男にアナルを貫通され、、いま、SMまで仕込まれている、、、

しかもそれを嬉々として受け入れる自分の妻の姿を、旦那が知ったら何と思うだろう、、、

「で、Tが美紀はもうオッケーだっていうんで、、
 私も軽く誘ってみたら確かに早速OKで、、
 ホテルに入るや否や、即尺、即ハメの、高級ソープ嬢みたいな具合でした、、、
 Tに聞いていたので、後ろの方にも挑戦してみたら、、、
 濡れすぎていて潤滑油もいらないくらいであっさりと受け入れてくれました、、
 ホント、Tの言う通り、オッケーになってました、、、
 
 でも、、
 美紀の話では、優美さんの方がこれまでは結構おさかんだったって言うんですよね、、、
 僕が連れ出して、あの時人妻である優美さんの肉体を堪能した事も察しているみたいで、、
 詳しくは聞いてませんが、、他にもそういうことがあったそうな、、、」

えええ、、、
妻が前にも浮気??、、
それも僕の計画じゃなく、、、

「で、僕が優美さんのフェラテクの話なんぞをしたら、、
 Tもすっかりその気になって、、
「あの腰つきは、好い味のはずだ、、」とかわけのわからんことをいうんですわ、、
 今度誘っていいか??って聞くから、冗談で、試してみたら、、って言ったら、
 早速、今日遭う事にしたみたいで、、、全く手が早い、、、
 奥さんから連絡ありました?」

あ、、じゃあ、、さっきの電話は、、、
Tとデートするって意味なのでしょうか??
可愛い人妻の美紀ちゃんのアナル処女を打ち抜き、、、いまSMまで仕込んでいるあのTと、、
ただのデートで済むはずがないのでは???、、、
美紀ちゃんのときは、いきなり後ろの処女を奪っているのです、、、
もしかして妻も、、、

会社に電話した、、、
最早退社後でつかまらないらしい、、、

携帯は???、、、
圏外になっている、、、




寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

え、、
ええ、、
えええ、、、、

妻は今頃Tの腕の中に居るのか????
美紀ちゃんの話は、人妻が旦那の知らないとこで調教されていく話として
人事のように読んでいたが、、
いま、その調教師と嬉々としてデートしているのは自分の妻の優美なのだ、、、

美紀ちゃんの処女アナルを打ち抜きながら快感にヨガリ狂わせた抜群のテク、、
それが、今まさしくこのときに、、妻の肛門に行使されている、、、
僕も触ったことないのに、、、

携帯も繋がらず、、しょうがなく家で待つ事にしました、、、
Sさんとのデートは、確かに僕が計画したものでした、、、
溜めに溜めて妻とのデートに備えたSさんは、、
その大き目の逸物の三連発で、見事に妻を射抜き通し、
精液漬けにして、妻をたったの一晩で虜にしてしまったようでしたが、、、

そんな過去や、妻がその後も時々、Sさんが溜まった時のための、
浮気おま0こ人妻としてザーメン注ぎ込み専用に扱われている事も計算のうちでした、、
妻が時々夜遅く、精液の臭いを残しながらノーパンで帰宅しても、
ニヤニヤ笑って遭えて見逃していたのです、、

でも、今日起こっている事態は違うようなのです、、、
Sさんだけでなく、私の知らないTという男にまで変態スキモノ人妻として扱われ、、
しかもTは相当、人妻のアナル調教に経験を持っているらしいのです。
あの可愛い美紀ちゃんまで、、
人妻でありながら、男なら誰にでもアナルまでも簡単に許すような淫乱女に調教したTが、
優美だけは普通のファックで許してくれるなどと言う事はありえるでしょうか??
美紀ちゃんの場合は、一晩で処女菊まであっさりと陵辱されているのです、、

僕の可愛い奥さんは、、
今頃は、、Tの巨大な怒張に貫かれ、喘ぎ狂いながら、、
密かに後ろに廻された指によって、、
もう一つの受け入れ口をそっと、広がれられつつあるところかも、、
そんな事も知らずTの巧みなテクで二穴の与える快感に悶え狂っているのでしょうか?

僕はまだ恋人同士だった頃、、
騎乗位で悶える優美の後ろにそっと手を廻し、一本だけ挿入を狙ってみたら、、
「だめ!!」と、、何時になく強く拒絶され、、諦めた事がありました。

優美があの時のように強く拒絶してくれたらと思うと希望も出ますが、、
フレッシュな処女同然の時代と、
熟れ切って男の味を知り尽くした人妻の今の時代とでは比較にならないかもしれません、、、
むしろ、強く拒絶したのは、、
そこが一際感じる場所であるから、、と言う可能性も否定はし切れません、、、

今頃は、人妻の処女肛門を堕とす事にかけてはベテランのTの手練手管に、、
あっさりと処女穴を撃ち抜かれ、、、
初めての快感に悶え狂っているわけではないでしょうか??

早めに家に帰ってしまいましたが、もう九時を回ります、、、
つまらない義理の飲み会ならとっとと見切りをつけて帰ってくる時間です、、、
今頃はTの極濃液をごくごくと飲まされて、、、
二次会とばかりに今度は後ろの受付口から直接飲み込まされる頃でしょうか??
あの人妻変態調教ではベテランのTが、、
優美だけをただ返してくれるとは考えにくいではありませんか??




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です