【寝取られ体験談】目の前で妻が出入りの大工にレイプされた

今、私の家は、外壁の張替え工事で、職人が入っています。

妻は、9:00から3:00までのパート…つまり、午後3時以降は、職人と顔を合わすわけです。

その日、私は、仕事が早く終わったので、職人に壁の張替えで注文しようと、早めに帰ってきました。

16:00頃だったでしょうか。

トラックがいつものように2台置いてあるのに、職人が外壁工事をしていません。

変だな…と思いながら、家のドアを開けて中に入ろうとしたところ… 「やめてください!」

「困ります!」

「私には主人がいるんです」

と妻の声が聞こえてきた。

胸騒ぎがしてそうっとドアを開けて、玄関に入りました。

居間の方から、確かに妻の抵抗する声が聞こえてきます。

もしや!!と思い、廊下からそうっと覗いてみると… なんということでしょうか。

妻が、二人の職人に取り押さえられていて、パンテイ1枚だけにされているのです。

妻は、34歳。

まだ、子どもがいないので、84…59…87のその体の線は崩れていません。

その妻の熟し始めた体を、獣のような職人が筋肉を盛り上げさせながらいたぶっていました。

私は、へなへなとそこに座りこんでしまいました。

すると…一人の職人が妻の張りのある胸に分厚い唇を押し付けて、乳首を吸い始めました。

ああ…妻が…犯される。

もう一人の職人は、パンテイの上から妻の敏感な部分に指を這わせています。

妻は恐怖に顔をゆがめながら抵抗しているのですが…二人の男にかなうわけもありません。

涙で顔をぐしゃぐしゃにして、必死に手で男を押しのけようとしています。

しかし男達は、確実に妻の敏感な部分を捉えていきます。

乳首を舌で転がし…パンテイを脱がせて、秘所の花びらを押し広げ。

「おいおい、奥さんよー…もうこんなに濡れてるぜー」

一人の男が言いました。

妻は、その言葉を聞くと両手で顔を覆い、抵抗する事をあきらめ始めました。

男達は、執拗に乳首と秘書を攻めたてます。

すると… 「あ…、う…、いや…んん!」

と、明らかに妻の声の様子が変わってきました。

ああ…つまが…あの獣のような男たちにむりやり犯されてるのに…感じ始めてきている。

そう思ったとき…私の愚息は、はちきれんばかりに硬く大きくなっていました。

そして、固唾を飲んで見続けていたのです。

妻の秘書には、男の指が出たり入ったり…じゅぶじゅぶ,というような音まで立てています。

乳首もちゅぶちゅぶと音を立てながら吸われつづけています。

「ああー…だめー…!」

妻は、耐えられないといった様子で声を上げました。

「ふふ、おくさん!…お○んこ、びちょびちょだぜー」

「ああ…いや…こんなときに…」

「奥さんよー、素直になりな…旦那より、いい思いをさせてやるぜ」

そういうと、男達は、さらに激しくねちねちと妻の体をもてあそび始めた。

そして…いつのまにか、男たちは下半身を剥き出しにして、妻の太ももや胸に押し付けている。

「あ、あ、あ…だめ…いいー」

ついに妻は、歓喜の声を上げ始めた。

そして…自分から、剥き出しになった男の逸物を探り当て…握り締めたのだった。

そう言えば、このところ私たちのセックスは淡白でこんな激しいエッチはしていない。

妻ももしかしたら欲求不満で官能の火をつけられたのかも知れない。

「あああー…すごい…こんなに硬い…」




寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

「ふふ…奥さん…ほらほら、もっと強く握っていいんだぜー」

男達は、妻の飢えた気持ちを察したようで、妻に両手に1本ずつその獣のペニスを押し付けた。

妻は、もう押さえがきかない。

なすがままに男達の逸物を握り締め…しこしことしごき始めた。

「うう…いいぜ、奥さんよー」

一人の男はそう言うと、妻の秘書に舌を這わせた。

ぺろぺろ、ちろちろと小刻みに男の舌が妻の秘所を陵辱する。

「ああっ!!…い…いいー!!」

せきを切ったように、妻の口から歓喜の声が漏れた。

「あ、あ、あ…すごい!…ああああーー!」

「ふふ…奥さんよー、自分からこんなに足を広げて…俺の硬い物がほしいんだなー」

「へへ…ようし…」

そう言うと一人の男が…妻の太ももの間に割って入り…逸物を妻の秘書にあてがった。

ああ…妻が、犯される… そして…ぐうううっと腰をしずめて…ついに妻は男に貫かれてしまった。

「ああああー…、くる…んん!!」

「おお!…入ってくぜー!!」

もうびちょびちょの妻の秘所はしっかりと男の物を奥まで咥えこんでしまった。

もう一人の男は…妻の口の中に…汚い物をさしこんだ。

ああ…ついに私の妻が…他の男に。

しかも二人に。

そう思ったとき、私は自分で自分の物を激しくしごいていた。

男のピストンは、激しかった。

妻の秘書がこわれんばかりに突きたてた。

妻は、もう一人の逸物を握りながら、舌で舐めまわしている。

ああ…こんなになって…清楚な妻の姿はどこにもなかった。

1ぴきのメスと化した妻が、二人の男を二つの口でくわえ込んでいる。

そして…口に入っていた男の逸物を吐き出すと、妻は 「あ!あ!…いい…いいの!!…もっと…ああ…もっとーー!」

と言って、自分から腰を使い始めた。

「おお…奥さん、すげえ…すげえ腰使いだ…」

そして、さらに激しく突きたてると… 「あっ!あっ!…ダメ…イク…いっちゃう」

妻は絶頂を迎えた。

「うう…俺も…いくぜー…」

妻を突きたてていた男はさらに激しくつきまくり… 「ああ…出る!…出る!…うおおおーーー!!」

と、汚いザーメンを妻の奥ふかくに吐き出した。

と、同時に…妻も 「あ、…イク…イクイクイク…いっくうううううう」

妻は男にしがみつき…いかされてしまった。

しばらく重なったまま動かなかったが、男が妻の体から離れると…男のザーメンが、どろーっと妻の秘所から流れ出た。

もう一人の男は、妻がいってしまうのを見届けると…妻の口を激しく犯し始めた。

口の中でピストンし…しごきぬくと… 「うっ!…うっ!…イクッ!!」

とうめくと…妻の口の中に大量のザーメンを注ぎこんだ。

「はあ、はあ、はあ…奥さんよー!飲むんだ!!」

男はそういうと妻の口をしっかりと閉じさせた。

するとやがて妻は、ごく、ごくと喉を鳴らして、男のザーメンを飲みこんでしまった。

そして…のみ残したザーメンを唇の端からつううーっとたらすのだった。

私は…、その様子を見て…、自分で爆発させていた。

ザーメンがズボンの中でべとべとになるのを感じていた。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です