【寝取られ体験談】妻を寝取った男からDVDが送られてきた

再婚して3年、私36歳、妻32歳、昨年生まれた1歳の娘がいます。
私も妻もバツイチ再婚です。
前妻の浮気妊娠が離婚理由ですが、その浮気相手の前妻が現在の私の妻です。
色々な修羅場と複雑な事情が絡み合い、離婚成立から1年後、私と妻が寄り添いました。

さて、その妻が前夫と最初の結婚をした時の記念のDVDを見たことがあります。
それは、前妻との離婚騒動でゴタゴタしている時、私と妻が浮気された者同士で心を通い始めた頃、妻の前夫が嫌がらせのように私に送り付けたDVDがそれでした。

それは、結婚披露宴の後、つまり新婚初夜の映像です。
豪華な部屋はホテルのスイートルームでしょう、そこに、白いレースのブラとショーツにティアラだけの妻が映りました。
まだ清楚なお嬢様の雰囲気が漂う妻は、恥ずかしそうに頬を染めていました。
そこにパンツ一丁に蝶ネクタイだけの前夫が画面に入ってきました。
妻は、恥ずかしそうに頬を染めていました。
これは約7年半前の2009年4月、妻24歳、前夫27歳の時のものです。

二人は濃厚なキスを交わすと、妻は前夫のパンツを下ろして下半身を裸にしました。
そこには、20?p近くありそうな肉茎が飛びだしました。
妻は、その肉茎に全てを捧げたように、当たり前のような自然さで亀頭を咥えました。亀頭を愛でるように舐め、陰嚢を優しく揉んでいました。

満足したように妻をベッドに腰掛けさせた前夫にショーツを脱がされ、妻の恥裂が現れると、妻はビデオカメラから目線を反らすように横を向いて恥ずかしがりました。
前夫は、指をV字にして恥裂を割り、ポッカリと開いた恥穴をカメラに収めました。
そして、恥穴上部の恥豆に吸い付くと、徹底的に恥豆を責めました。
「むふう・・・んふう・・・はんっ・・・ふはあ・・・」
妻が快感の吐息を漏らすと、前夫は妻のブラを剥ぎ取り、巨乳ではないがツンと上を向いた形のいい乳房が飛び出しました。
妻を仰向けにしながら、前夫は20?p近いの肉茎を妻の恥穴へ埋め込んでいきました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin



寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

そこからは、固定されたカメラに結合部を晒した正常位、騎乗位、抱き抱えバックなど、裸で交わるシーンが続きました。
ブチュブチュと恥汁の音に妻が恥ずかしがりますが、恥ずかしい姿をビデオカメラに撮られている事への羞恥で、恥穴からとめどなく恥汁が溢れていました。
ズブズブ抜き差しされる肉茎に、妻の恥唇が引きずられてとてもイヤらしい映像と、それなのに虚ろに感じている妻の清楚なお嬢さん顔が、妙にそそりました。
そこには、そのまま前夫に抱きついて感じていく妻がいました。

妻は、こうして前夫が好む女に躾けられていったのです。
今でもDVDを見ながら興奮しています。
初めは恥ずかしがっていた妻が、堂々と股を開いて結合部をカメラに向け始めました。
やがて、ビクッビクッと痙攣しながら気を遣る妻・・・その白い肌に、俺のものだと言わんばかりに乳房に、お腹にと精液がふりかけられていきました。
私は、このDVDを見て、妻を気に入ったのです。
その頃はまだ他人妻でしたが、その綺麗な裸身と清楚なお嬢様顔は垂涎でした。
前妻の方が童顔でロリっぽかったのですが、セーラー服コスプレ不倫で孕まされては、ただのヤリマンロリッ娘にしか思えなくなりました。

私は、妻と再婚した日、同じようなビデオを撮影しました。
7年半前と違い、私はBD-Rにフルハイヴィジョンで撮影しました。
妻に浣腸して、トイレで排泄させます。
そこに前夫ほどデカくはないですが、前夫を見るまではそこそこ自信があった16?pの肉茎を突き出すと、排泄しながら咥えました。浣腸で排泄しながら肉茎に奉仕する妻がとてもいじらしく感じました。
綺麗に洗ってから、アナルの中までローションを塗って、16?pの肉茎を沈めていきました。
「んあああああ・・・くうぅ・・・」私の肉茎がアナルの中に消え、根元まで入り、恥豆を摘ままれながら痙攣し、やがてアナルと恥豆で気絶していく姿は、婚姻届けを出すまで離婚後の約1年の交際で知っていった、アナル快楽の賜物なのです。
妻は、物凄い快感なのだそうで、気絶すると宙を彷徨っている感覚なのだそうです。

私がたまに前夫との初夜DVDを見て嫉妬していると、
「あなた・・・ごめんね・・・でも、前夫のことを気にしないで私を愛してくれて、ありがとう。」
と言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です