【寝取られ体験談】妻にNTR願望を告白したら、あとで後悔することに

『ハァ? なに言ってんの? 悪性のウィルスに脳でも冒されたのか?』
妻の希がキレ気味に言う。というか、キレている……。
「い、いや、そういうのも刺激があるんじゃないかなぁってさ……」
私がビビりながら言い訳をすると、
『刺激が欲しいなら、今すぐくれてやるけど?』
そう言って、ケンシロウみたいに指をボキボキ鳴らす希。趣味でキックボクシングをしている彼女がそれをすると、まったく冗談には見えない。

「ごめんなさい。もう言いません」
私は、諦めて謝った。
『わかったならいいよ。でも、どうした? なんの影響受けた?』
希は、まだ怒っているみたいで、口調が荒い。元ヤンの希は、今でもたまに言葉づかいが汚くなることがある。でも、今の彼女の見た目は、元ヤンというのがウソのように清楚系だ。肩までの髪も真っ黒だし、肌の色も抜けるように白い。昔の写真を見せてもらうと、金髪で色黒のギャル系ヤンキーそのものだ。

「うん……。ネットのサイト見て……」
『へぇ、そんなの見てるんだw』
希がバカにしたように言う。
「ごめん」
『別に謝らなくてもいいよ。男がそういうの見るのは本能だろ? どんなサイトだよ、見せてみろよ』
希が好奇心に目を光らせながら言う。
私は、言われるままにタブレット端末を手に取り、ブックマークから寝取られ系のサイトを表示した。
『へぇ、動画とかなじゃないんだ。使える寝取られサイト? 変な名前』
と言いながらも、結構熱心に読み始める希。
『動画とかは見ないのか?』
まだ口の悪いモードのまま聞いてくる。私は、ブックマークで動画のページを表示した。
『なんだこれ、うちの妻を犯して下さい? ハァ? バカじゃねーの?』
タイトルを見て吐き捨てるように言う希。でも、そのまま再生した。
急に始まったAV鑑賞会。私は、ドキドキしながら希の様子をうかがった。
『可愛い女優さんだな。こういうのが好みなのか?』
希はそんな事を聞いてくる。画面の中には、可愛らしい系の女優さんが映っている。可愛いと言うよりも、ロリっぽいと言ってもいいくらいのあどけないルックスだ。それに引き換え、希は美人系だ。落ち着いているので大人っぽく見える。希は27歳で、まだ若いと言えば若い。私は3つ上の30歳だが、こんな感じで尻に敷かれて、さらにその上踏みつけられているような感じだ。

「そんな事ないよ。希ちゃんみたいな美人が好きだよ」
私は、本心でそう言った。
『フン。女房を他人に抱かせようとしてるヤツが、なに言ってんだか』
吐き捨てるように言う。私がさっき、”他の男とセックスしてみない?”と言ったことが、よほどムカついたようだ。

画面の中では、旦那の目の前で他の男に胸を揉まれ始めた女優さんの、戸惑った顔がアップになっている。
『こんな風にしたいんだ?』
希があきれたように聞く。
「う、うん。ごめん。もう言わないから」
私は、ビビり倒していた。

『なんでこの旦那は止めないんだよ。アホか』
AVに向かってダメ出しをする希。本気で腹を立てているような感じだ。
「だって、AVだし……」
私が当たり前のことを言うと、
『あぁ、そっか。でも、こういう性癖の男、増えてるんだろ?』
希は、あきれたように言う。実際、希の言う通りだ。寝取られ系のサイトは、驚くほど沢山ある。そして、写真投稿サイトも星の数ほどだ。

私は、熱心に見続ける希からタブレットを取り上げ、そういった投稿系のサイトを表示した。
『なんだこれ……。これって、本物の夫婦なの?』
希は、本当に驚いた顔で聞いてくる。確かに、大勢の男性に妻を抱かせ、それを旦那が撮影するとか、奥さんのイヤラシい写真を投稿して、抱きたい男性を募集するなんて、予備知識がなければ理解不能だと思う。私も最初はそうだった。でも、そんな状況を自分に置き換えたとき、信じられない程の興奮を感じてしまった私は、常に希が寝取られることばかり考えるようになってしまった。

『なんでこんなになってるんだよ。私とするときよりも固くなってるじゃん』
希は、いきなり私のペニスを握ってそう言った。私は、慌てて逃れようとしたが、希がかなり強く握っているので抵抗できない。
『脱いで見せてみろよ』
希は命令口調で言う。こんな希は、久しぶりだ。希は、結婚以降はどんどんソフトになってきて、優しい雰囲気になっていた。最近知り合った人には、美人で上品な奥さんで羨ましいと言われるくらいだ。

それが、昔に戻ったみたいに命令口調で指示をしてくる。私は、正直びびっていたが、それ以上にゾクゾクするような興奮も感じていた。

言われた通りに下半身裸になる私。確かに、私のペニスは血管が浮き出るほどに勃起している。希は、私のペニスを撫でるように触り、手の平についた我慢汁を見せてくる。
『なんだこれ。私とするときよりも、興奮してるって事か?』
「うぅ……ごめん」
『謝れって言ってねーよ。興奮してるのかどうなのかって聞いてるだろ? もしもーし、聞こえてますか!?』
イライラいた様子でキレ気味に言う希。
「してる! ごめん、興奮してる!」
私は、素直に謝った。
『ハァ……。まぁ、人の性癖にケチつける気はないけど、妄想だけにしとけよな』
希は、意外と優しい声で言った。

この日は、これで終わりだった。次の朝、目が覚めると横に希はいなかった。慌ててリビングに行くと、朝食を作っていた。いつも通りの朝だ。
『おはよう。もうすぐ出来るからね〜』
希は、昨日のキレっぷりがウソのように、優しい笑顔で言う。昨日のキレた顔からのギャップで、本当に美しく見える。私のようなごくごく普通の男と、よく結婚してくれたなと思うくらいだ。

「あ、ありがとう。コーヒー淹れるね」
私が言うと、
『いいよ、私が淹れるって! 座ってて』
と、優しく言ってくれる。可愛らしいゾウのイラストのエプロンをした希。昔ギャル系ヤンキーだったのが、信じられない。前腕にある根性焼きの痕さえなければ、本当に何かの間違いじゃないのかなと思う。でも、根性焼きの痕も、薬がいいのか最近ではほとんど目立たなくなっている。医学の進歩は凄いなと思う。

そして、二人での食事が始まった。まだ子供はいないが、そろそろ結婚して3年経つので、そろそろかな? と思っているところだ。
『美味しい?』
希が、少し心配そうに聞いてくる。確かに、昔は料理がとんでもなく下手で、まずくて食べられたものではなかった。でも、意外に真面目な性格の彼女は、メキメキと上達し、今では美味しいと断言できるほどになった。

「凄く美味しいよ。今日もありがとうね」
『へへ。よかった。いっぱい食べてね』
希は、昨日のことなどなかったように、優しい妻の顔を見せる。私は、汚い口調で命令されるのも好きなので、ちょっと物足りなさを感じるが、幸せだった。

「じゃあ、行ってくるね」
そう言って家を出ようとする私。
『忘れ物!』
そう言って引き留める希。なにかな? と思って振り返ると、キス待ちの顔で目を閉じている。私は、そっと唇に唇を合わせてキスをした。すると、彼女の舌が飛び込んできて、私の口の中をかき混ぜてくる。私が驚いて固まっていると、キスを解いた彼女が、
『今日は、エッチしようね♡』
と、甘えた顔で言ってきた。私は、元気よく”うん”と言って、家を出た。私は、昨日希に言ってしまったことを後悔していた。なぜあんなことを言ってしまったのだろう? そんな後悔をしながらも、朝の希の態度に安堵していた。昨日のキレっぷりだと、しばらく機嫌が悪くなるだろうなと覚悟していた。




寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

私は、反省の意味も込めて、一日真剣に働いた。そして、午後3時過ぎに、希からメールが届いた。彼女が仕事中にメールをよこすなんて、滅多にない。私は、何かトラブルかな? と思いながら確認した。すると、仕事頑張ってねと言うことと、今夜は楽しみだねという内容だった。私はホッとしながらも、妙に優しい希に、逆に少し不安な気持ちになった。

そして仕事を終え、少し早めに帰宅すると、希は笑顔で出迎えてくれた。
『おかえり〜。お疲れ様! 夕ご飯出来てるよっ』
元気にそう言う希。可愛らしいペンギンのエプロン姿で髪をアップにしていると、調理実習の学生さんみたいだ。

私は疲れが消えていくのを感じながら、ダイニングテーブルに座った。そして、夕食を食べながら、今日の出来事なんかを話した。仕事の話なんて、たいして面白くもないと思うけど、希はちゃんと話を聞いてくれて、励ましたり応援したりしてくれる。過去はともかく、今は本当に良い嫁になったと思う。

『おかわりは? 沢山食べてね』
希は、いつも以上に沢山食べさせてくる。料理も、ニンニクの芽の肉炒めとかレバーや牡蠣で、いかにも精が付きそうなものばかりだ。希も、今晩のことを期待しているのかな? と思うと、私はもう興奮してしまった。

希とのセックスは、週に2〜3回程度ある。私もけして嫌いではないが、希の方が積極的だと思う。それとなく、希の方からサインを出してくる感じだ。今日みたいに、ストレートに誘ってくることは珍しいかもしれない。

そして、食事を終え、希が片付けをしている間に私が先に入浴し、寝室で希を待つような感じになる。テレビを見ながら待っていると、30分程度で彼女が入ってきた。希は、ランジェリー姿で入ってきて、すぐにベッドに潜り込んできた。黒のセクシーなランジェリー姿で抱きついてくる妻。スラッとし脚も、くびれたウェストもセクシーだ。胸が小ぶりなことを除けば、本当に良いスタイルをしていると思う。

「凄くセクシーだね。似合ってるよ」
私がそんな風に言うと、
『ありがとう。じゃあ、脱がせてあげるね』
希はそう言って、私のパジャマを脱がせ始める。あっという間に全裸にされた私。すでに勃起してしまっている。
『ニンニクが効いたかな? カチカチだね』
私のペニスを指で2〜3回弾きながら言う。
「でも、どうしたの? そんな下着、持ってたっけ?」
『持ってなかったよ』
ニヤニヤしながら言う希。
「買ったの?」
『違うよ』
「えっ? じゃあ、どうしたの?」
不思議に思って聞く私に、
『ないしょ〜。それよりも、してあげるね』
希はそんな事を言いながら、私のペニスを口にくわえた。そのまま、頭を振ってフェラチオを始める希。いつものことながら凄く上手だ。あっという間に、私の頭の中はセックスのことでいっぱいになってしまう。でも、下着のことも気になる。買ったわけではないというのはどういうことだろう?

希は、セクシーなランジェリー姿のまま、一生懸命にフェラチオをしてくれる。本当に気持ち良くて、微妙に射精感がわき上がってくる。私は、このままではイカされてしまいそうだと思い、体勢を入れ替えるようにして希に覆いかぶさった。
そして、彼女にキスをしながら胸を揉む。希も舌を絡ませてきながら、私のペニスを指で包み込むようにさすってくれる。私は、希のブラを外し、乳首に舌を這わせ始めた。希の小さな乳首は、すぐにカチカチになってくる。
『ンッ、気持ち良い……。あなた、気持ちいいよ』
希が私を見つめながら言う。でも、いつもと違って、何となく表情が硬い気がする。私は、不思議に思いながらも、夢中で希の乳首を舐め続けた。そして、そのまま下の方に移動していく。お腹やおへそにキスをしながら下腹部に移動していき、セクシーなショーツに手をかけた。そのままショーツを下に降ろしていく。すると、あるべきところにヘアがなかった。
「えっ? ど、どうしたの? 毛がないよ!」
私は、ビックリしてそんな風に言う。

『どう? 子供みたい?』
希は、私の質問に答えずに、逆に質問をしてくる。
「う、うん。いや、そうじゃなくて、どうしたの? 剃ったの?」
私は、かなり取り乱していたと思う。
『違うよ。剃ったんじゃないよ』
「どういうこと? なんでこんな?」
『剃られたんだよ』
「えっ? だ、誰に?」
『決まってるじゃん。エッチした相手にだよ』
「エ、エッチ!?」
私は、完全に声が裏返っていたと思う。

『うん。一緒にシャワー浴びたら、剃らせてって言うから』
希は、私の聞きたいこととはズレた返答をする。
「誰と? エッチって、セックスしたって事!?」
私は、パニックで声が大きくなる。
『そう。セックスした相手に』
希は、冗談を言っているような感じではない。私は、完全にパニックになっていた。
「えっ? セックスしたの? そんなのダメじゃん!!」
私は、ほとんど怒鳴っていたような感じだ。
『うるせーよ。オマエがしろって言ったんだろ!?』
希が、急に怖い声で怒鳴った。私は、一瞬でビビってしまい、
「ゴ、ゴメン……。でも、いつ? どこで?」
と、小さな声で聞いた。
『今日に決まってるじゃん。バカなの?』
希が、ニヤッと笑って言う。朝からさっきまでの優しい顔がウソのように、昔の顔が姿を見せている。

「でも……相手は? そんな人がいたの?」
私は、激しく動揺してしまっている。
『出会い系で探した。すぐ見つけられたよ。それが望みだったんだろ?』
希は、私のことを見つめながら言う。見つめると言うよりは、にらんでいると言っても良い感じだ。

「い、いや、それは……」
私は、本当なんだ、冗談ではないんだ……そう思って足が震え始めてしまった。
『久しぶりに他の男とセックスしたけど、気持ち良かったよ。最初っから、やたらと巨根アピールしてたけど、マジでデカかった』
希は、最近はほぼ使わなくなっていたような、汚い言葉づかいで言う。
「ど、どこでしたの?」
『え? ラブホテルだよ。道玄坂の』
昔、私ともよく行ったホテルのようだ……。

「そんな……ダメだよ……」
私は、自分がとんでもないことを言ってしまったんだなと、今さら気がついた。
『自分が言い出したことだろ? 情けないこと言うなよ。でも、本当に気持ち良かった。あんなにイカされちゃったの、初めてだし♡』
うっとりした顔で言う希。私は、頭を鈍器で殴られたみたいなショックを受けた。確かに、何度も希が他の男に抱かれる妄想はしたが、そんなものの比ではないくらいに、強くショックを受けた。

「……ダメだ……」
私は、なんと言って良いのか言葉が思い浮かばない。
『ダメ? なにが? こんなになってるのに、ダメも何もないだろ?』
希はそんな事を言いながら、私のペニスをギュッと握った。痛みを覚えるくらいに強く握る希。私は思わずうめいてしまった。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です