【寝取られ体験談】妻に他人の子供を産んでもらいたい

私は典型的なマゾの寝取られ男です。
結婚したのは私が26才、妻が28才の時でした。

妻は国立大卒で国家公務員をしています。そんな硬い職業についていますが、性格は柔らかく人付き合いの良い女です。因みに私は高卒のサラリーマンですが・・・
公務員って案外飲み会が多く、本庁からの出張の接待や、花見や忘年会、新年会、転勤など何かに理由を付けて飲み会を開いている感じなのです。
妻は酒が好きで酔うと性格が益々柔らかく成り、飲み会になると三次会まで付き合い午前様に成る事も有りました。

結婚して一年ほど経ち、妻がそんな風に同僚の男達と飲んで遅く帰って来ても嫉妬心が起こらず、むしろ浮気をして欲しいと思う心が起こったのです。

私は自分の『寝取られ願望』に気づくと、例の如く妻の説得を始めました。
私の説得を数回は聞き流していた妻ですが、直ぐに私の説得に乗ってきました。
妻だって浮気願望を持っていたのです。それも強度の浮気願望です。
飲み会で二次会・三次会に妻自ら出席したと告白しました。
二次会・三次会では男が酔った振りをして体に触って来たり、内緒でホテルに口説いて来る輩がいるそうです。そんな出来事に興奮し、快感を得ていたと告白しました。

妻と十分に話し合いました。
結局、最初のターゲットは本庁から出張してきた上司に決めました。
やはり職場の男だと浮気が見つかれば大変ですし、見知らずの男は怖いものが有ります。キャリアの上司だと口は堅いと判断しました。(本当は妻の希望なのです。)

その機会は直ぐに訪れました。
一カ月後、八月の上旬の金曜日に本庁から視察が来る事になりました。
金曜日に来る視察は飲み会目的ですから、女性職員で酒の好きな妻が接待係に駆り出されるのは分かっています。
だがターゲットを決めても、勿論、誘惑をされるとは限りませんが、妻がその気にさせてみると自信を見せてその接待に臨みました。




寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

その夜、妻は明け方に帰って来ました。
本庁の課長をゲットしたのです。勿論、東大卒のバリバリのキャリアです。
ところがその一度の浮気で妊娠したのです。と言っても私の子供か上司の子供か分からずに悩みました。

妻は『産まない。』と言いました。もし私の子供でなかったら!・・妻は私に遠慮して『産まない』と言ったのですが、本心とは違う事は分かっています。母親なら男が誰でも産みたいはずです。
結局、私の血液型では産まれて来ない血液型を持つ長女が生まれました。
その時、私は28才、妻は30才でした。

妻が他人の子供を孕んで産む事に私は強烈な快感を得ました。
自分が変態だと悩みましたが、その快感にどうしても勝つ事が出来ず、また妻を説得する自分がいました。
妻は2年ほどして、今度は地元では名の知られた中小企業の社長を妻は見つけました。
どうして知り合ったかは省略しますが、その社長は60才過ぎで妻に先立たれ子供は居ませんでした。
妻は半年ほど付き合いました。
妻は私とその社長の二人に抱かれ、また子供を孕みました。
私の子種は余程生命力が弱いのか、今度は60才過ぎの社長の子供を孕んだのです。
その子供が次女ですが、血液型は長女と同じです。

今私は妻と子供二人に恵まれ幸せな生活を送っています。
時が来れば妻に他人の子供をもう一人孕ませたいと考えています。勿論男は妻の希望する男です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です