【寝取られ体験談】垢すりの仕事を始めた妻がヤクザに中出しされているところを目撃

私達家族が住んでいるの田舎で、
最近、家から少し離れたところに
温泉施設ができたんです

施設内には、風呂が5種類!

それにサウナやマッサージ
ゲームコーナ、憩の場が設置されている
レジャーランドのような施設

田舎ですので、出来た当初は
家族連れや老人がこぞって出かけ大反響でした

しかし、物珍しさがなくなると
人気が少なく特に平日は老人や老婆の溜まり場に

田舎なもんで、老人人口が高いってのもあるんでしょうか

長年勤めた会社も不景気になり、
家内は会社を辞めた。

私48歳、家内41歳の四十路の中年夫婦

しかし子供もまだ、
中学生と高校生とお金が掛る年頃で、
家のローンもあるので私1人の収入では厳しい状況だ。

家内も仕事を探したが、
こんな御時世正社員など中々見つからず、
半年が過ぎていた。

そんな時、友人の勧めもあり、
温泉施設で働く事になった。

自給も他より良く、
家内の友人も働いていると言う事で、安心していた。

仕事初日、妻はリビングのソファーに座っていた。

「どうだった仕事」

と妻に聞くと

「思ったより大変!」

「内容は?」

「マッサージ!風呂に居るでしょ!」

「大丈夫なの?」

「何が?エッチな事考えてる?」

「まぁ、何となく」

「大丈夫よ!も私だっておばさんだし
相手はほとんどお年寄り
それにマッサージする人居ないから、
掃除がメインよ」

「そうなんだ」

「久々の仕事でしょ!
それでもって初めての仕事だから中々大変!」

そん感じで、家内は仕事をスタートしたんです。

そんな仕事も1週間が過ぎた頃、
家内がやたらと溜め息をつく様になりました。

「どうしたんだ?最近よく溜め息つくなぁ」

「ん~最近マッサージとか垢スリする
お客さんが居るんだけど
エッチなんだよね」

「エッチってお前!何されてるんだ!」

「服装がさぁ、短パンにポロシャツなんだけど、
お年寄りでもお尻触って痴漢してくるスケベ老人が居るんだよねぇ」

「マジかよ!」

「友達には、まぁちょっと位
我慢が大事って言われるんだよね」

「まぁ仕事だから
少しは我慢だけど」

「まぁお年寄りだから仕方ないんだけど
大丈夫」

家内は私に黙っているのが辛かったのか?

その後は溜め息をつく事も減りました。

しかし、私は家内が毎日何をされているのか
気になって仕方ありませんでした。

妻が好色エロジジイに痴漢されていると思うと
いてもたってもいられません

仕事を初めて1ヵ月を過ぎた頃でしょうか?

朝いつもの様にゴミを捨てに集積場に向かうと、
妻の友人の旦那と会ったんです。

いつもは頭を下げる程度でしたが、
その日は彼が近づいて来ました。

「旦那さん!奥さん大丈夫ですか?」

「何がです」

「聞いていないんですか?」

「はぁ?」友人「私の嫁は、辞めましたよ!
あんな事されるんじゃねぇ」

「何の事でしょうか?教えてください」

そうして、私は家内の仕事場の話を聞く事になったんです。

初めは、老人が多く中にはエッチな客も多くお尻を撫でたり、
胸を触って来たり軽く痴漢行為をする客も居たそうです。

まぁそんなのは可愛い方で、
中には短パンの隙間から手を入れて来る人も

家内も友人も直にマンコを
触られる事も多かった様です。

従業員(マッサージ担当)は50代後半の高齢おばさんが多く、
40代は家内と友人の2人だった事も
理由の一つかも知れません。

そんな時、柄の悪い人が来るようになり、
いつも指名で2人が選ばれ始めたそうです。

彼は、強引で体をマッサージしていると、
腰のタオルを外し立ったチンポを出すそうです。

そこも揉んでくれって言われ断ると、
強引に手を引かれマッサージさせるそうです。

彼は、毎日来てはマッサージをする様になり家内達の体を触り、
終いには直に胸やマンコを触る様になった様です。

流石に、主任(50歳)に言うと、

触られるだけいいじゃない!
お客さんだし我慢しなさい




と全く話にならなかったそうで、
更に上の人に相談した所、
時給上げるから我慢してと言われ友人の奥さんは辞めたそうです。

その頃には、男の人は
無理やりチンポを摩らせ、精液を出す始末

俺のチンポ見たんだ!

お前らも見せろ!

と服を何度も脱がせられそうになっていたそうです。

「奥さん大丈夫なんですか?
彼ヤバいですよ!それじゃ」

そう言うと、彼は帰って行きました。

私は、家内は何故何も言わないのか?

気になり、まずは確認しようと思いました。

それから、数日して私は会社を途中で切り上げ、
家内の働く施設に向かいました。

平日とあって、客は少なく風呂には
数人の老人が居るだけでした。

午後3時位になると、殆ど客が居なくなり、
風呂には私一人になっていました。

その時、ドアが開き30代半ばの腕に入れ墨の入った
ヤクザが入ってきました。

ヤクザは、湯船に浸かり体を洗うと、
マッサージ室の方へ向かって行きます。

風呂からちょっと奥に
マッサージ用の個室が3室並んでいました。

ちょっとすると、またガラガラとドアが開き、
女性が入って来るのが見えました。

それは、明らかに家内でした。

強張った顔で用具を持ち
奥のマッサージ室に入って行きました。

私も、家内を追う様にそっと奥に進みました。

家内が一番奥の部屋に入ると、
私は隣の部屋に隠れる様に入りました。

部屋には、荷物を置く棚とマッサージする為のベット
(板状にクッション材が敷いてある程度)が設置されている。

天井の方は壁も無く隣と繋がっていたので、
ベットに立ち上から覗いてみました。

隣の部屋には、全裸の刺青はいったヤクザと家内の2人が居ました。

「今日も来たぞ!気持ち良くしてくれ」

「はい!」

ちょっと震える手で、彼の肩の辺りからマッサージを始める妻。

「もっと強く頼むよ」

ヤクザは、上向きに寝返るとチンポを摩れと
言わんばかりに腰を上げた。

家内は観念したと言わんばかりに
ヤクザのチンポを握り前後に摩り始めた。

ヤクザは、家内の短パンに手を這わせ
サイド部分から指を中に入れ始めニヤリと笑みを浮かべた。

マンコに達した頃には、
もう片方の手で胸を揉み出した。

ヤクザに早く逝って欲しいのか?妻の動きも早くなり必死だった。

「早く逝って欲しいのか?
だったら、体見せて貰わないと逝けないなぁ」

家内は、諦める様に短パンとポロシャツを脱ぐと下着も脱ぎ捨てた。

全裸で、彼の横に立つとチンポを摩り始めた。

「早くお願いします」

そう言って手コキマッサージで
摩り始める。

ヤクザは、マンコに指を入れ激しく動かし始めた。

必死に我慢する妻が、
段々感じ始めたのか?腰がクネクネし始めた。

男の指使いも上手いのか?

妻はチンポの摩りを止め、
ベットの隅に手を付き”うっ・ア~”と声を出す様になっていた。

「舐めてもいいんだよ!」
そう言われ、遂に家内が男のチンポを咥え始めた。

男は、慣れているのか?

中々出すことは無く、家内の方が、
先に逝かされる勢いだった。

男が起き上がると、妻に

「欲しいんだろ!客居ないし今がチャンスじゃないか?」

家内は、ドアの向こう側を確認すると、ベットに横になった。

ヤクザは家内に跨り、マンコにチンポを入れた。

激しく突かれ、喘ぎ始める家内!
ヤクザの精液を体内で受け止める家内だった。

「そろそろ時間です」

そう言って、急いで誰も居ない
風呂で体を洗い服を着ると急いで風呂から出て行った。

男は、風呂に戻ると体を洗い出て行った。

何とも衝撃的な出来事に、
私は暫くその場に立ち尽くした。

ヤクザに寝取られる妻

家内は、相変わらず仕事について何も言って来ません。

勿論辞めるとも







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です