【寝取られ体験談】初めて貸出サイトを使って妻を寝取らせました

昨年、妻を見ず知らずの男性に貸し出しました。
拙い文章で申し訳ありませんがその時の体験談を書いていきます。

私は44歳、妻は41歳でした。
当時、我々夫婦の夜の営みは減りマンネリ化していて、何かないかと話した事もあります。
ネットでスワッピングと言うのを知り、それについて調べていると貸し出しや寝取られと言った行為もあることも知りました。
結婚して14年、私しか知らないはずの妻が他の男としたら…と考えると妙な興奮を覚えてしまっていて
掲示板を見ると何か質問できるような雰囲気じゃなかったので、チャットルームにて色々と質問などをしていきました。

知れば知るほど『どんな物なのか…』と思うようにもなり、そこのチャットで知り合った男性のSさんの誘いもあって
一度ダメ元で妻に聞いてみてOKであれば…と言う程度の内容でしたが試しに聞いてみることにすると
結果はもちろんダメでしたが、Sさんが妻とチャットしたいと言う事で妻を席に座らせてみることにしました。

会話中は私は席を外すように言われ、2時間ほどしてから終わったと連絡があり
部屋に戻ると妻が今回だけだと渋々了承してくれました。(嫌がっていたわりには前日に無駄毛などの手入れをしっかりしておりました…。)

妻が決めた約束の日、緊張する妻と一緒に指定されたラブホテルの前まで行き分かれました。
私は近くのネットカフェで待機する事にしました。
数十分後、Sさんから『奥さんと会い挨拶を済ませました』とメールが届くと、あぁもう戻れないのだと思ってしまってました…。
何か不安と焦りで悶々とした気持ちになっていると『奥さんの裸きれいですね』と、裸体の写真が添付されて送られてきて
恥ずかしそうに顔を覆って隠しているけれど、見慣れたその身体は妻だとすぐに分かりました。

『シャワーを浴びてきます』と言うメールからどれだけ経ったか…
次に送られてきたメールは『奥さんのアソコ濡れやすいんですね』と届き
そしてその後に『着替えてもらいました』とウェディングドレス姿の妻の写真が添付されていました。

『これから始めます』とのメールが来てから『終わりました』との連絡があるまで携帯は鳴りませんでした。
今頃は…や、どんな事をされているのか…など赤の他人の男に犯される妻のことばかり考えていて
不安や焦りと同時に妙な興奮にあり、息苦しいような中で私のは大きく硬くなってしまっていました。




寝取られ人妻ドキュメント

旦那が半年間、説得してようやく寝取られをOKした人妻。しかし、寝取られ相手と現場に向かう途中でも抵抗が激しく、度々泣きそうな表情を浮かべる。 一緒に入浴することを拒み、キスを拒み、フェラをしようとしない堅い人妻だったが、旦那と電話している時に、、、
本編はこちらから

夜中の3時半ぐらいだったと思います、Sさんから今終わったとの連絡があり
私はこれから向かうと言ってホテルへと向かいました。
(Sさんはこのまま帰って、昼過ぎに妻を迎えにくるかとも聞かれましたが
すぐに妻を…といてもたってもいられないような気持ちになってしまっていました。)

部屋に入るとベッドの上で荒い息をしてぐったりとした裸の妻が横たわり、その側にSさんがいました。
ベッドの側にはウェディングドレスや純白の下着が落ちており、Sさんが何かを言うと
妻は膝を立て、両手で自ら自分の性器を開くと私は息が出来なくなるような感じがしました

妻の膣からは白いのがドロドロと垂れてきておりました…。
薬を使用しているので大丈夫との事ですが、妻が完全に汚されてしまったと言う証明でした。
妻と会話したようにも思いますがどんな会話をしたか覚えておらず
ただ自分を落ち着かせようとしていました。

Sさんはそのまま帰り、妻はシャワーを浴びて、私は元居たネットカフェへ戻り
その日の昼過ぎ何事も無かったように妻と合流し2人で家へと帰りました。
それからも夫婦間が気まずい事になるのではと心配していましたが
いつもと変わりがなく、妻の方も特に何か問題がある様子もありませんでした。
(少し羽振りがよくなっていましたので、そういう事だったのかもと思っています)

また1ヶ月ぐらいしてから、Sさんからデータが送ってこられ
四苦八苦しながらダウンロードし、ファイルを開くと写真と動画のファイルがあり
動画にはその日、ぎこちない様子から段々と女になっていく妻の姿
写真ファイルの中に一枚だけ場所や日時が違う、Sさんのを咥えている妻の写真が入っていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です