【寝取られ体験談】コンパニオンできた彼女が上司に犯られていた

俺の会社は毎年暮れにスーパーコンパニオン(以下スパコン)を呼んだ忘年会をやります。

(県によって違いはあるみたいですがうちの県のスパコンは全裸になります)

彼女にバレると、会社の行事とは言え文句を言われそうなので、コンパニオン(ましてやスパコン)が来る事は伏せていました。

そして忘年会当日の昼頃に、彼女から突然のメールが来ました。

「今日の夜、急遽予定が入っちゃったから送り迎えできない」

との事でした。

帰れない理由も出来たし、泊まり込みで楽しんじゃう事にしました!

毎年忘年会をやる旅館に到着し、食事を済ませ楽しみにスパコンを待つ事に。

そしてついに念願のスパコン到着!

その瞬間に俺は凍りついた。

なぜならそこには彼女の姿が!

彼女も俺に気がついたらしい。

お互いにかなり気まずかった。

参加者30人に対し、コンパニオンは彼女を含め4人だったので、彼女は俺の方には全く近寄ってこなかった。

最初はコンパニオン達は普通に酌をしながら会話を盛り上げていた。

しかし

「さぁやりますか!」

…ついに本番へ。

野球拳の開始の合図だった。

すると、最初に金髪のちょっとぽっちゃりしたヤンキー系のコンパニオンが前に出てきた。

後に聞いた話だが、この娘が彼女をコンパニオンに急遽誘ってきた娘(高校時代の友達)だったとの事。

彼女は清楚系で、とても仲の良さそうだとは思えないこのヤンキーちゃんは、元はオタ系だったのが社会人デビュー(?)したらしい。

この娘がなかなかジャンケンが強く、なかなか脱がない。

ようやく下着姿まで行った。

ぽっちゃりだけあってかなり胸はデカそうだった。

ここでメンバーチェンジといい、まとめ役の35~40くらいのお姉さん(おばちゃん?)がでてきた。

この人はあっという間に下着姿に。

太ってるわけではないが、年のせいかちょっと腹に弛みが出てきていた。

そしてまたメンバーチェンジ。

自称22歳と言っていたが、下手すりゃ10代?って感じの、若い感じだけが売りのブスッ娘だった。

この娘もなかなかジャンケンが強かったが、ようやく下着姿になった。

細いのは細いが、寸胴だし胸もあまりなく、ロリ好き以外にはいまいち色気が足りない感じだった。

もしや彼女が会社の面々の前で下着や裸に?!と焦ったが、まとめ役が

「この娘は今日が初めてだから脱がないのよ!ごめんねぇ」

と皆にアナウンス。

しかし当然皆からブーイング。

しかしまとめ役が

「じゃあまた○○ちゃんが相手に!」

と言うと、ブーイングはあっという間に静まり、再び前に出た彼女の友達のヤンキーちゃんに視線が集まった。

そしてついにヤンキーちゃんを脱がせる事に成功。

Fカップあるという胸はブラを外すと、重さで乳房がダルンと下と左右に離れた。

そして色はピンクだが、500円玉以上はありそうなデカめの乳輪に、突起がなくメリハリのない陥没気味?の乳首だった。

陰毛はばっちり処理がしてあるのか、細長い長方形型の生え型をしていた。

次にまとめ役が脱がされた。

まとめ役は出産経験があるのか、乳首黒く大きめで、乳輪にはシワがたくさんあった。

陰毛は長さこそ整えてあったのだろうが、広範囲に無造作に生え広がっていた。

そして最後に若いブスッ娘。

ブラを外すと、わずかにあった谷間がなくなり、ほとんど膨らみのない乳房にまだ子供のような小さい乳首。

そして陰毛も1度パイパンにして生えかけなのか短い毛がチクチクしている感じだった。

もう全裸になってからはエロい事し放題。

吸い取りをやったり、胸を触ったり、指を入れたりの光景が3ヶ所で行われてた。

そんな光景で異質だったのが、まったく脱いでいない彼女と、のんびり呑みたい派のグループだった。

とりあえず彼女が何かされる心配もないグループだったので、俺は他の3人のところを回る事に。

しかし彼女がいる以上ハメを外せず、目の前にある女体を見る事しかできなかった。

時間が進むと帰るメンバーもいて、いつの間にか半分くらい(15人くらい)になっていた。

ふと目をやると、彼女の周りにいた飲み食いだけグループはいなくなっており、彼女がポツンとしていた。

すると、そこにエロ幹事のオヤジが彼女の後ろから胸を鷲掴みにしながら、エロおっさんグループに連れていった。

彼女はエロ幹事の手を叩きまくり。

俺は心配になり、俺の隣にいたヤンキーちゃんに声をかけた。

「あの娘はエロはダメなんじゃないの?あそこは1番スケベなグループだよ!」

と言うと、

「あたしがあそこ行く」

と言った。

俺もヤンキーについていき、近くに座り聞き耳を立てた。

ヤンキーは

「その娘はダメだからあたしにお金ちょうだい!」

と笑いながら彼女に助け船を出した。

しかしおっさん集団は、

「おめー。デブだしな」

とか

「こっちが脱がしたい」

などと言っていた。




そして彼女に向かって

「今日が初めてだってなんだって、いつかは脱ぐんだから脱いじゃいなよ!」

と5,000円を出した上司がいた。

まあ彼女だから当然贔屓目はあると思うが、今日の面子では彼女が1番可愛いし、スタイルもいいと思った。

ヤンキーが

「それあたしにくれ!(笑)」

とめげない。

すると

「おめーにはこれだよ!」

と1000円を出し、マ○コに指を入れた。

ヤンキーは大袈裟にアンアン言ってた。

明らかに演技なその声に反応したバカおっさんが、

「いくら出したら舐めてくれるの?やるのはいくら?」

と言い出した。

「ほんとはやるのダメだから今はダメだよ!延長してくれて部屋に行ったら交渉しようよ?」

と言った。

俺はヤンキーに注目があるうちに彼女にアイコンタクトで、広間から誘い出した。

どうやら話を聞くと、ヤンキー友達から急遽誘いがあり、バイトの手伝いをしてほしいと言われたらしく、話を濁されていたみたいで、居酒屋のウエイトレス的な話だと思っていたらしい。

部屋に入る直前でコンパニオンである事を告げられ、1台の車で移動してきた事もあり、帰るに帰れなかったと言うのだ。

言いたい事は山ほどあったが、幸い彼女は脱ぐ事もしてないし、俺が他の女を触っても怒らないという条件で広間へ戻った。

俺は今までの欲求を爆発させ、3人の娘を触りまくった。

楽しい気分になり、酒も進んだ。

ちょっと満喫した後、彼女に目をやると彼女もいつの間にか結構酔っていた。

(後から聞いた話だとやはり俺が他の娘を触っている事でヤケ酒的な…)

しかし目の前にある女体にまた夢中になってしまった。

しばらくして彼女に目をやると、彼女は貸し与えられていた、OL服のベストとワイシャツ?ブラウス?を脱ぎ、いつも普段着のインナーに着ているタンクトップとタイトスカート姿になっていた。

タンクトップの肩口からチラリとブラ紐が見えていた。

俺はドキッとした。

彼女の太ももを撫で回す、上司やバカおっさんの手が見えたのだ。

俺はそんな光景が見たくなくて、他の3人の娘の胸に吸い付いたりしていた。

けどやっぱり気になり、時々見てしまう。

ついには彼女は酔いでトロンとなり、上司にもたれ掛かるようになっていた。

その上司の手が、胸を鷲掴みにしていた。

足はだらしなく投げ出してあり、スカートが捲れ、開いた足の間のストッキングからパンツが透けて見えている状態だった。

見たくない見たくない!

その感情とは裏腹に視線が外せなかった。

彼女は甘ったるい表情と声で

「だぁめ!」

と上司の手を引き剥がそうとしている素振りはしていたが、明らかにちょっと感じている雰囲気だった。

乳首が敏感な彼女ではあるが、さすがにブラの上からなら平気だろうし、ちょっと触られるのは仕方ないと腹を括る事にした。

しかし見ていると、上司がゆっくりと徐々にタンクトップを捲り上げていった。

お腹が丸見えになり、もう少しでブラが見えちゃう!と思った瞬間、ブラではなくいきなり下乳が!

そしてまたさらに数秒後に、ビンビンの乳首が!

ブラはとうの昔に外されていたらしい。

彼女は胸がCカップで、勃起時の乳首がちょっと長いのだが、そこそこの美乳だと思う。

その胸が上司達の前に晒された。

案の定、遠くから見ても分かるくらいに乳首がビンビンに。

「おー。元気だねぇ!」

と周りのギャラリー。

すると上司が得意気に

「感じちゃったのかな?凄い立っちゃったね」

と笑った。

けど、その時に俺の視線に気がついた彼女が慌てて我に帰ったのか服で隠した。

そしてその後終了時間に。

幹事はコンパニオンに延長を申し込み1次会を締めた。

宿泊の予約を取っていた2部屋にアンダー30とオーバー30に別れた。

俺を含めたアンダーの部屋にまとめ役とブスッ娘が、オーバーの部屋に彼女とヤンキーが。

ヤンキーの話とは違い、部屋に来たにも関わらずブスッ娘とまとめ役は誰の誘いにも乗らず、交渉してもフェラやSEXはしなかった。

けど、ここで気になるのがヤンキーの交渉次第的な話だが、まとめ役曰く、本番とかは禁止だからの一点張りだった。

まあ彼女はともかく、ヤンキーもおっさんら相手にはさすがに交渉も受けないだろうと思っていたし、俺もとりあえず楽しみたかったので不安や心配は忘れ、1夜を楽しんだ。

後日彼女と逢うと彼女は平謝り。

胸を触られた以上は何もないと言い張る彼女に俺は文句は言ったが、仕方ないと水に流すつもりだった。

数日後、忘年会での話になりオーバーの人達と情報交換をすると、オーバー側は交渉し、SEXにまで持ち込んだと言ってきた。

アンダー側は禁止だと言われた事を伝えると、

「若い奴等はババァに言いくるめられたのか(笑)うちらの方は金見せたら簡単だったよ」

と笑いながら携帯を見せてきた。

ヤンキーの顔付きでたくさんの裸体やフェラの画像。

まさか彼女はないだろ?!と思った矢先、そこには顔は隠してあるものの見慣れた裸体が…体のあちこちに複数の手が伸び撫で回され、陰部にはガッツリと挿入されている写真だった。

俺は数日後彼女に別れを告げた。

泣いて懇願されたが、会社の連中に体を売った女にもう未練はなかった。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です